※登録、質問、サロン中全ての過程において先生方の匿名性は確保します

※サロンはビデオ会議アプリ(Zoom ウェビナー)にて行い、他の参加者に顔や氏名は見えません

※メールの送付先は登録後にお伝えします

※Web会議アプリ「Zoom Cloud Meetings」をダウンロードして頂く必要があります

2020年05月04(月)16:00~17:00 終了 

2020年05月11(月)19:00~20:00 終了 

2020年05月18(月)19:00~20:00 終了 

2020年05月25(月)19:00~20:00 受付中

2020年06月21(日)16:00~ 受付中

登録者数や質問数などを考慮して実施日程を追って公表します。

●風評関係

  • 訪問診療の際に患者さん宅にて濃厚接触者がいた場合、フェイスガード等で訪問しようと思う。

    その場合、そのような訪問を見た近隣住民等が患者さん宅に陽性者がいるのではないかと疑い風評等が立った場合、その患者さんに対して訪問医において何か責任が発生するのか。

  • クリニックの患者さんで陽性患者が出た場合、風評被害が心配である。どうすればよいか。

●応召義務関係

  • 濃厚接触者が来院した場合に診療を拒否した場合何か責任が発生するか。
  • 肺炎症状の患者さんを紹介のために高次医療機関に相談したら複数件断られた。適切な紹介先を探しつくすには時間がかかりすぎる。最初から発熱や呼吸症状のある患者さんを診療拒否してよいか。
  • 私が診ている地域ではそこまでコロナは流行していないので、発熱で診察してほしいと電話をしてきた患者さんには、最近は先に保健所に対応をしてもらうように伝えている。ただ、保健所は今忙しく、なかなか迅速に対応してもらえないようである。このような場合、患者さんから「保健所に先に対応してもらえないと診察してもらえない」などと言われた場合、応招義務違反に当たるのか。

●訴訟リスク関係

  • 病院では重症のコロナ患者さんを診ることはできないため、

    判明した場合にはすぐに転院の依頼をしている。

    ただ、最近はどこも手いっぱいでなかなかすぐに受け入れてはもらえない。

    当院において感染対策は徹底してはいるものの、

    他の患者さんに感染する可能性はあると思われ、仮に他の患者さんに感染して、

    訴えられた場合を想定して、どのようなことを行っておくべきか(残しておいた方がよい証拠等)。

●入院患者対応関係

  • 精神科病棟に入院中の患者さんに、感染予防を理由に面会や外出の制限をすることは

    違法にならないのか。

  • 精神科病棟に入院中の患者さんや入院予定の患者さんに対して

    面会や外出制限のお願いをしているが、どうしても強く反対される場合には

    退院させたり入院を受けない対応をしている。これは違法とならないのか。

●外来患者対応関係

  • 発熱を隠して受診してきたり、PCR検査の結果待ちなのにそれを隠して受診してきたりする患者さんに法的な責任は発生するのか。
  • そのような患者さんに対して損害賠償請求はできるのか(何か良い方法はないか)。
  • 診察中にはファイスシールドなどをする必要があるのか。
  • 患者さんに対してフェイスシールドなどをさせるようにした場合に問題は生じるか。

※相談者としてサーバーの関係上医師(歯科医師)に限定します

※相談対象として新型コロナウィルスに関連して医療行為等の判断に迷いが生じた場合などとします

※相談対象として利益相反の関係から原則として労働問題は対象外とします

※取り上げた質問に対する回答例を後日アップロードしてURLを送付します

※サロン中、1つの質問に対する回答を終えた後に質問を受け付けて付加的に回答します

※サロン中の質疑応答方法や受け付けた質問に対する回答方法は、登録者数や質問数に応じて変化する場合があることをご了承ください

一般社団法人 予防医療研究協会

https://yobouiryou.or.jp/